ザ・ゴルフィングマシーンを勝手に解釈していくよ

ゴルフ史上最大の奇書と言われる「The Golfing Machine」を勝手に解釈していくブログ。

TGMを読むコツ(その1)

デシャンボー君が滑り込みで出場を決めた全英オープンがいよいよ明日開幕だねー

ヨーロッパの試合は日本より8時間遅れだから、一番早い組は日本時間の木曜午後14:35スタートみたいだから気をつけてネー

ちなみに我らが(?)変態デシャンボーは第八組で15:52(日本時間)スタートで、松山英樹君は18:09スタートで全米オープン優勝したブルックス・ケプカと同組だよー

詳しいスタート時間はこちらー(公式サイト)

www.theopen.jp

ちなみにちなみに今回ゴルフネットワークでは全部まるまる放映してくれるみたいなんだけど、これをSONYのレコーダーで番組表から録画予約しようとすると、「12時間を超える番組は連続して録画できません」って却下されちゃうんだけど、ちょっと面倒だけど時間指定って方法で録画するといけるよー

www.sony.jp

こういう旬のお役立ち情書情報とか書いてるとなんかまるで普通のブログみたいだねー

 

まぁまるで普通のブロガー気取りはこのへんにしといてねー、難読で憂鬱な第一章から第三章に飛び込んでいく前に、ここまでやって分かってきた、「TGMを読むためのちょっとしたコツ」というか、おいらなりに感じてることをコラム風にまとめてみるよー

なんだかブログっぽいねー!

前提:なぜTGMは難読とされるのか

 

実は英語的(文法、単語その他)には難しくない

TGMはやっぱりアメリカではそれなりに(毀誉褒貶あるけれど)評価はされているっていうのはTGM物語とかTGMの現状のあたり読んでもらえれば分かると思うけど、「ところでこの本が英語で書かれたものはないのか?」っていうジョークがあるくらいネイティブから見ても難読な本らしいけどー

英語的には実はそんなに難しくないと思うよー

ちなみにおいらドメスティック日本人で帰国子女とかでないけど、ちょっと仕事の事情で英語勉強するハメになってTOEIC950点くらいだけど(ドヤッ)、とりあえず訳すことまでは出来るし、文法的にはかなり正確かつ明瞭な英語で書かれてるよー

 

ただその文章の真意を究明するには読者側の解釈・理解が必要

TGMの文章にありがちな雰囲気を例えるために、論語の一節だけど

「知之為知之、不知為不知。是知也」

ってあるらしいんだけど

「之を知るを之を知ると為し、知らざるを知らざると為す。是れ知るなり」

ってなんとか日本語風になって、

「これを知っているときは知っていることとし、知らないときは知らないこととする。これが本当の知るということだ」

みたいに現代日本語にすることまでは出来るとして、じゃあこの文章の真意ってなんだろうってなると

「自分の知識のなかで理解出来ていることと、理解出来ていないことの境界がはっきりと見えたとき、今現在自分が理解していることは『知っている』ことなのだ」

みたいなメタ認知的な事が言いたいのか

「本当に分かってる奴は自分の専門外のことに首を突っ込まない」とか

「知ったかぶりする奴は本当は知らない事が多いからから信用してはいけない」とか

こういう受け取り側の都合でいろんな応用的解釈ができちゃうんだけど、こういう言語っていうのは、特にアメリカはやっぱり他民族国家なので、あまり歓迎される文章の姿勢とは言えないのかもねー

 

TGMはゲームソフトの取説であって項略本ではない

でTGMが論語や聖書みたいに、はじめからそう言う哲学的性質を持ったものだってわかってればまだ我慢できるんだけど、これ明確にゴルフの本で、おそらくTGM以外の全てのゴルフ本って、「ゴルフというゲームソフトの項略本」で読者も「どうすればゴルフがうまくなるのか」を期待しながら読むわけだけど、逆にナゾが増えるばっかりで全然スッキリしてこないんだよねー

でこの本最後まで読んでもたぶんゴルフが上手くなりそうにはないというか、要するに「方向キーで←→↑+Aボタンでこういうワザが出ます」みたいな事ばっかり書いてあるワケね(そしてそのワザがどういうときに有効なのかについてはほぼ何も書いてない)

もちろんそれ知ってると便利なワザもいっぱいあるんだろうけど、「いや使わなねーしそんなワザ」ってのも一杯あって、どれが大事なのかが相当わかりづらいかも

 

参照が大杉

本文読んでもらえれば説明不要だけど、このブログみたくリンクじゃなくって実際の本をパラパラいちいち参照追っかけてたら、本がベリベリにぶっ壊れること間違いないくらい参照がある上に、その参照おっかけてもイマイチ意味が釈然としないんだよね

 

突然インパクトのあることを言っておいて説明が不十分

そのくせ「とは言え、『右の頬を打たれたら左の頬を出しなさい』というのはある意味正しいのじゃよ」みたいな「えっ、何それ、なんで!?」みたいな文章の終わり方しといて、そのフォロー説明が不十分ってのもよくあるパターン

 

頼みの綱のイラスト・写真のクオリティが目を見張るほどに低い

これも説明不要だと思うけど、この時代例えば「モダン・ゴルフ」でもレッドベターの「The Golf Swing(邦題「アスレチック・スイング」)」でも、基本的にはイラストがすごく多くて、理由は写真は当時の印刷技術では印刷映えしないってことっだったんだろうと思うんだよねー。でもビンボーの爺はそんなイラスト書いてくれる協力者はいなかっただろうし、どういうわけか第七版になってもなお黒くべったりつぶれた写真と「大昔のCADで書いたのこれ」って感じの残念なイラストが満載

 

 

まぁそのほかにもいろいろ言いたいことあるけどキリないからやめておくけれども−、一番タチ悪いのは「それでもやっぱりなんか本質的な、捨ててはおけないゴルフの神髄に触れているのではないか」って思わせる何かがあるんだよねー

たんなるコミュ障のたわごとだって断定できたら良かったんだけどー

 

今回単なるグチになったけど、「で、どうすればTGMって役に立つのか」を、もひとつ記事書いて考えていくよー

 


ゴルフランキング

広告

 

おめでとうブライソン・デシャンボー

祝 ブライソン・デシャンボー 

ジョンディアクラシックでPGAツアー初優勝

 

なんか早速こんな特集記事みっけたけどねー

www.golfdigest.com

まぁおいらにとってはそれほど目新しい内容ではなかったけどもー

前半はイーブンで後半バーディラッシュで逆転優勝ということで、ゴルフチャンネルの再放送を録画してじっくり見ることにするよー(昨日寝てた)

で、今回の優勝で滑り込みで全英オープンの出場権もゲットということで

f:id:kellogg2005:20170717135057j:plainPGA TOURのTwitterから

さっそくチャーター機でイギリスに向け飛び立った模様だよー

まぁデシャンボーはずっと(というかイーデルのアイアンとパター変えてから)調子悪かったけど、それでもこのスピードで初優勝なんだからやっぱタダの変態ではないんだろうねー

まぁイーデルのクラブ使ってたらTGM的にはもっと美しかったんだけどねー

www.golfmechanism.com

 

なんかこのブログに出てくる選手って、デシャンボーもルーク・ドナルドもベク・キュジョンもなんかずっと調子悪くて(あとおいらが勝手に応援してる森美穂プロも)なんだかなーと思っていたんだけど、

 

また一人TGMの申し子が優勝してケリー爺も天国で喜んでるよーきっと

 


ゴルフランキング

広告

 

パワーパッケージローディングアクションのバリエーション

10-22-0 概要

パワーパッケージのローディングアクションは、アクションが開始されるべき三つのポイントの位置の違いによって分類されておる

このアクションのバリエーションは、理論的には無限に存在するのじゃが、これら全ては三つのシンプルな感性に落とし込む事ができるのじゃ- すなわち、出来るだけシャープに、またできるだけ徐々に、あるいはその中間のいずれか - であり、それによりストロークのアーク(弧)におけるほぼ正確な位置を突き止めることが出来るのじゃ

 

10-22-A フルスウィープ

このパターンでは、パワーパッケージのローディングアクションはバックストロークの始まりにおいてスタートし、スムースで一定なレバーアッセンブリーの加速によって、意図したアッセンブリーポイントの位置までレバーアッセンブリーが到達する方法じゃ

f:id:kellogg2005:20170716105435j:plain

上の図で、矢印のある部分が「アッセンブリーポイント」なんだよねたぶん

で、アッセンブリーポイント(7-21)って言うのはダウンストロークを開始するための準備が完了してるポイントだから、それまでにパワーパッケージのローディングが完了してないといけないんだけど、それをどのように行うかで分類されますよと

それらは三つの感性に落とし込む事が出来ると爺は言ってるけど、フルスウィープはたぶん「徐々に」ってやつだねー

 

10-22-B ランダムスウィープ

このパターンではローディングアクションは、徐々にローディングを行うスウィープの方法、あるいは極端にローディングを遅らせるスナップの方法の中間のどこかでローディングを行う方法であるが、そのポイントはあらかじめ決定されておるというものじゃ

そしてその結果アッセンブリーポイントの位置まで、意図した速度での加速を行いながら到達するものじゃ

f:id:kellogg2005:20170716110535j:plain

「中間」ってやつだねー

 

10-22-C スナップ

このパターンではパワーパッケージのローディングを、パワーパッケージのアッセンブリーポイントのまさに直前までスナップを利用して遅らせる方法じゃ

f:id:kellogg2005:20170716111601j:plain

「出来るだけシャープに」ってやつだねー

 

三つの方法の写真を比べてわかることは、シャープになればなるほど、バックストロークでのコックは遅くなってるって事で、スナップってやつは要するにフロートローディングっての同じじゃないのって思うんだけれどもー、要注意なのはラグのローディングのバリエーションっていうのは、クラブヘッドのラグの作り方で、つまりストロークのパワーの源をどう作るのかって話なわけで、だからスインガーとヒッターを分ける重要な要素でもあるのだけれど、この章では特にスインガー、ヒッターに関する記述が出てこないのね

そして12章で、スインガー、ヒッターそれぞれの推奨コンポーネントがリスト化されてるんだけど、そこには両方とも「ランダムスウィープ」って書いてあるから、やっぱり、このコンポーネントはどうもスインガー、ヒッターみたいな、基本的なストロークの方法のことではないと想像されるんだよねー

じゃあこのこの項で分類したいことは何かと考えると、たぶん状況に応じたショットの打ち分けのことを言ってるんでないかと

たとえば50yとかの中途半端な距離のアプローチで、ふわりと上げて高さで止めたいってときはわりと一定のローディングで打った方が確立が高いとか、低く打ち出してスピンをしっかり入れたいって時は、ある程度上から入れたいってなってシャープなローディングになるとか、そういうことではないかと

さらに言えばフルショットではないからバックストロークの量も少なくなるし、そうなるとこの辺の高さでダウンストロークに向かうことになってそれまでに必要なローディングをしてとかいろんなことを考えると思うんだけど、それでもってイメージがしっかり出来上がるまで素振りするみたいな

プロの試合見てると、やっぱそういう微妙な加減が必要なショットの時って結構しつこく素振りしてるし、ジョーダン・スピースなんて連続素振りすごくやってからショットに向かうしねー(そして去年のマスターズでは思い切りダフって池にいれたけど)

大事なことは、あくまでフィーリングや加減だとしても、なるべく「ここまで上げて、シャープに切り返してフェースを返さない」みたいな明確なイメージを作ってから実際のショットに向かうってことで、そのためのコンポーネントの細分化だと思うよー

 

とまぁ勝手な解釈はおいといて、ついにゾーン2のコンポーネントが(ヒンジアクションを除いて)全部終了したよー

で、いよいよいまさら第一章から第三章までの原論パートにとりかかっていこうと思うのだけど、まぁ難読さはこれまで以上かもって思うよー

なにしろ「フランス料理の技法」って本を開いたら生クリームを作るための牛乳の搾乳方法を延々と説明されるようなまだるっこしさだしねー

でもこれまで取り組んできて、少しはTGMのノリっていうか、読むためのコツみたいなものも少し分かってきた気がするから、次の記事はそのコラムにするよー

このブログ読んでくれてる皆様は、これからもっとつまんなくなっていくかもけどこれからもたまにはのぞきにきてくださいねー

 


ゴルフランキング

広告

 

パワーパッケージアッセンブリーポイントのバリエーション

10-21-0 概要 - パワーパッケージのコントロール

パワーパッケージアッセンブリーポイントのバリエーションは、デリーバリーパス上のどのポイントにおいてパワーパッケージのアッセンブリーが完了するかによって分類されるのじゃ

以下三つのポイントを利用し、五つのバリエーションに分類することが可能じゃ

1. それぞれのラインパスにおけるトップの位置

2. デリバリーパス上のいずれかのポイント

3. トップ(エンド)を超えたいずれかのポイント

ちなみに「アッセンブリーが完了した」といえるのは、#3プレッシャーポイントによるダウンストロークを発生させる準備が整った時点じゃ

また上の1番で言っておる「トップ」という言葉じゃが、これは両手と肩が高い位置でありオンプレーンである状態を指すのであり、クラブの位置、プレーンアングル、ボディの位置などでこの関係性に代わるものを作り出すことは出来ない

言い換えれば、「トップ」とはあらゆるバックストロークの終点ということじゃ

 

10-21-A トップ

この分類では、パワーパッケージは、ダウンストロークが両手によって実際にスタート前に、トップの位置にて完成しておる

f:id:kellogg2005:20170714091527j:plain

 

10-21-B サイド

この方法が上の"A"と異なっておるのは、バックストロークの終点をデリバリーパス上のポイントにおいておるということであり、ストロークの目的に応じて、手でトップを作っておるという点じゃ

f:id:kellogg2005:20170714114932j:plain

 

10-21-C エンド

バックストロークのアーク(弧)がトップを超えたとき、アッセンブリーはバックストロークによって発生する移動の「終点」に発生し、これはダウンストロークにおいて、ボールに対してどのようなパスを採用するかに影響されないのじゃ

f:id:kellogg2005:20170714115442j:plain

 

10-21-D ダウンストロークトップ

この方法が上の"C"と異なっておるのは、アッセンブリーがバックストロークのアークの終点で完成するのを両手が待たず、トップポジションに引き戻してくることで、実質的にはトップの位置でアッセンブリーが完了し、両手はその時点でダウンストロークパスに向けて強く動き出しておるという点じゃ

f:id:kellogg2005:20170714121329j:plain

 

10-21-E ダウンストロークサイド

この方法は上の"D"のパターンのショートバージョンじゃな

"A"と異なる点は、トップにおいてアッセンブリーが完成するのを待たず、両手がボール方向に引き戻してくることにより、あらかじめ決められたライン上のどこか(トップより下のポジションからリリースポイントまでのいずれか)でアッセンブリーが完成するのであり、その時点で両手はダウンストロークパスに向けて動き出しておるのじゃ

f:id:kellogg2005:20170714122005j:plain

 

おいらのゴルフで悩んでるところで、おいらのコーチ曰く、「トップまで上げたクラブと両手がそのままグリップエンド方向に落ちてくるのを利用して、そのままの形を維持したままダウンストロークを開始する」ってのがあるんだけど、たぶん「トップから振り始める」とか、あるいは「落ちてくる」、あるいは「バックストロークの途中でダウンストロークを開始する」とかって表現が上のバリエーションにつながってるような気もするよー

大事なことは、とにかくバックストロークの初動でリキまないってことで、オーバーアクセラレイションにならずに自分のテンポをつかみやすいのが良いんだと思うよー

 


ゴルフランキング

広告

 

トップにおいて

ちょっと気分を変えてねー、ブログデザインのテーマと背景画像変えて見たよー

背景画像はもちろん例の黄色い本をちょっと加工したものだけども、これでスマホからもちょっと見やすくなったと思うよー

今回のパートとそのバリエーションが終わると、ヒンジアクションを除いてはゾーン2のコンポーネントが全部終わったことになるんだよねー

で、その次はゾーン3ではなくて、第1章から第3章をいまさらやっていこうと思ってるんだけど、技術から離れてちょっと物理とか、原理原則論に入っていくから退屈なんだけどTGMで展開してる理論の裏づけになる部分だから、頑張って翻訳解釈していこうと思うよー

7-21 パワーパッケージのアッセンブリーポイント

このコンポーネントで分類しようとしているのは、パワーパッケージが「どこで」アセンブリーされておるのか、すなわちパワーパッケージがローディングされること、及びデリバリーに向けての準備が完了し、想定した状況に応じたインパクトに向けてのフォースを創出、方向付ける「手の位置」を定義したものじゃ

のっけからややこしいけどねー、パワーパッケージってそもそもなんだっけって考えると、左腕、右腕、両肩を結んだ線の三つの辺を持つ三角形なんだけど、クラブを振り下ろすまでにパワーパッケージで必要な作業が全部終わって、まさにクラブを振り下ろす準備が完了するポイントってことみたいだよー

「それって要するにトップってことじゃないの?」

おいらもそう思うんだけど、確かにトップはそのバリエーションの一つなんだけど、幾何学的なトップと、ここで言うアッセンブリーポイントは必ずしも同じでないと言う面倒くさいことを言い出してるっぽいよー

プレイヤーはストロークのタイプの違い、条件、目的、及び個人の好みに応じてこのポイントを変化させるのじゃ

しかしこれは必ずどこかの明確な一点にそのポイントを求めなければならないという事実までも変化させるものではないのじゃ

単なる「感覚」のみに頼ってこのポイントを変化させることは、不適切な方向性及び各コンポーネントの関係性を作り出してしまうのじゃ

よって「意識的に」差異化をするということを練習する必要があるのじゃ(6-D10-19を参照)

 

7-22 パワーパッケージローディングアクション

パワーパッケージにおける、ある重要な要素が「ロード」であり、これは各パワーアキュムレーターがインパクトに向けて推進をできるようにすることじゃ

このロードって、パワーパッケージのローディングだから、クラブヘッドラグのローディングとは別物だよー

このローディングの量は、全体のモーションのスピード、もしくは、特別な方法を用いいた場合の「鋭さ」あるいはその両方によってコントロールされるのじゃ

しかし全体モーションのスピードの変化は、実際のところどの方法が採用されておるか、またその結果として発生する効果をも組み替えてしまうのじゃ

つまり、どのアッセンブリーポイントおよびアキュムレーターのローディングの方法を使用するかを決定したならば、求める効果を発揮するために、アクションを始めなければならないポイントがどこであるのかは自動的に決定する

であればこそ「どこ」がそのポイントであるかが、このカテゴリーでは分類の要素となっておるのじゃ

よって実はこのアクションのバリエーションは、そのモーションのスピードに応じて無限に存在することになるのじゃが、これらは三つの感性に落としこむ事ができる - すなわち、できるだけシャープに、できるだけ徐々に、あるいはその中間のどこかであり、それによりストロークのアーク(弧)におけるほぼ正確な位置をつきとめることが出来るのじゃ

クラブヘッドの慣性は、クラブヘッドのスピードおよび、移動する方向の変化その他によって最大化、あるいは減少させることが出来る

よって、ふさわしい重量のクラブヘッドは、パワーパッケージの構造を崩壊させるものでも、全てのアキュムレーターのローディングをゼロにするものでもないのじゃ

 

ほぼ何言ってるのかよくわからないけどねー、ゴルファーはどこからクラブを振り始めるのかってことかもしれないねー

ある人はトップで一旦静止して、そこからゆっくり振り始めるのかもしれないし(松山君みたいな)、トップを作って、そこから左脚に体重移動させてその間にパワーパッケージが体側後方に落ちてくるのを待ってから振り始める(ベン・ホーガンはそんな表現してたと思うよー)のかもしれないし、それってストロークのテンポやスピードや求めるショットによって変わるだろうって話なんだけど、たぶんそれをあいまいにやるなよってことだと思うよー

横峰さくらとかも、あのオーバースイングの状態から振り始めるのじゃなくて、実は一度(本人にとって)適正なトップの位置まで戻してから振り始めてるのかもしれないし

それが自分の中できっちり意識出来ていないと打ち急いだり、「ふんっ」って感じのストロークになってブレが生じたり、ストローク幅変えたときにミスしたりするってことじゃないかなー

もうまさに解釈としか言いようがないけどねー、バリエーション見たらなんかわかるといいねー

 


ゴルフランキング

広告