ザ・ゴルフィングマシーンを勝手に解釈していくよ

ゴルフ史上最大の奇書と言われる「The Golfing Machine」を勝手に解釈していくブログ。

パワーパッケージデリバリーパスのバリエーション

10-23-0 概要

パワーパッケージデリバリーパスのバリエーションは、インパクトに向かう両手の通り道の三つの可能性のあるタイプを基準として分類をされておる

これらの組み合わせの結果として五つの通り道として定義がなされておる

この「通り道(Path)」はあくまで両手が実際にどこを取っているかなのであり、クラブヘッドがどこを通るのかではない(2-J-3を参照)

五つのダウンストロークの通り道は、全てバックストロークの際のシフトに際しても同様に有効じゃ

 

10-23-A ストレートライン

このパターンでは、両手の通り道がトップの直線の上端からエイミングポイント(2-J-3)にかけて直線状に保持された形となり、この際プレーンシフトは行われない(10-7)

f:id:kellogg2005:20180112131804p:plain

 

10-23-B アングルドライン

このパターンではダウンストローク中のエルボープレーンアングルへのシフト(あるいは後方への送り込み)を含むプレーンアングルバリエーションを使用しておる(10-7)

エイミングポイントに向けて、あるいは通じて直接的に両手が運ばれる前に、トップの直線的な両手のポジションから、エルボープレーンアングルに向けてほぼ垂直な通り道を形づくるのじゃ(2-J-3)

f:id:kellogg2005:20180112132826p:plain

 

10-23-C トップアークアンドストレートライン

このパターンでは両手はトップオブザラインの位置を超えて、アークに沿ってさらに上方および後方に運ばれ、両手がトップオブザラインに戻る際に再びその軌道をなぞるように運ばれるのじゃ

この「再びなぞる」動作は、10-19-Cの通り、ロンジチューディナルな(遠心力による)加速を行うのに理想的なのじゃ

 

10-23-D トップアークアンドアングルドライン

このパスの方法はトップラインポジションから両手がアングルドラインデリバリーパス(上記B)にに送り込まれる以外は上の"C"と同じじゃ

 

10-23-E サークル

この方法では、ストレートラインパスを使用しないのじゃ

この方法では両手がトップオブザラインのポジションに到達しているかに関わらず、その通り道のどの位置でもアークのトップとすることが出来るため、トップオブザラインの下、もしくは上の位置に形作られるアークのトップに継続的に沿ってスイングされるのじゃ

よってあらゆるアッセンブリーポイントから、そのボールに向けてのパスは常に円軌道となるのであり、通常(必須ではない)「軸の傾きを使用しない(2-H)」およびアークオブアプローチデリバリーライン(2-J-3)を使用する場合に用いられる(7-23を参照のこと)

f:id:kellogg2005:20180112140507p:plain

 

スインガーの推奨は「トップアークアンドストレートライン」で、ヒッターの推奨は「ストレートライン」になってるんだけど、TGMではプレーンシフトに消極的な傾向があるから、たぶんスインガーのプレーンシフトが多い現実世界では「トップアークアンドアングルドライン」が多いんじゃないかと想像するよー

「サークル」はたぶんアプローチとかのハーフショットでパワーよりもテンポのスムースさや正確性を必要とするときに使うんじゃないかと思うよ—

 


ゴルフランキング

広告

  

パワーパッケージデリバリーパス

7-23 パワーパッケージデリバリーパス

両手がトップ以降にインクラインプレーンに降りてくるまでの、三つの可能性のある「パス(通り道)」(10-23)は、そのまま基本的なデリバリーの方法となるのであり、デリバリーラインの視覚的な手がかり(2-J-3)もこれらに準拠したものとなるのじゃ

2-J-3にあるとおり、幾何学的プレーンラインとの関係について言えば、「ライン」デリバリーパスは「クロスライン」の方法であり、「サークル」デリバリーパスは「オンライン」の方法となる

「サークル」を「手がかり」として使用するためには、両手の感覚(5-0)としては、フラットなジャイロスコープにおいて、両手はスタートアップ(8-4)からトップ(8-6)まで「円軌道」を描いて到達し、その後再び後ろに振り出されるのじゃ

プレイヤーの視点からは、注意深くその感覚をたどっていけば、両手、クラブシャフト、クラブヘッドがホイールのリムのようにボールを通じて旋回するような形となる

f:id:kellogg2005:20180108121233j:plain

(C)" Elements of the Swing" Michael Jacobs

上の図はアメリカの人が書いてる本から写メしたんだけど、これメジャーチャンピオンの誰かのダウン以降のスイング軌道を特殊なソフトで解析したものなんだけど、水色が両手、黄色がシャフト、赤がクラブヘッドで矢印はそこで発生しているチカラの大きさと方向を推測してるんだけど、この水色(両手)の軌道は、人それぞれ微妙に変わるらしいよ—

f:id:kellogg2005:20180108122124j:plain

http://ninomaeituki.hatenadiary.jp/entry/2016/12/12/202045

で、ホイールの「リム」ってのは上の写真の通りだから、リムの部分にクラブくっつけて「ぐるりん」って回すような感じってことかねー

「ライン」を「手がかり」として使用するためには、両手はスタートアップ(8-4)からトップ(8-6)に到達し、その後再び後ろに振り出されるのじゃが、感覚としてはクラブシャフトがホイールのスポークのように、選択されたデリバリーパスの延長線上をトレースするように動く感覚となるのじゃ

プレイヤーの視点からは、注意深くその感覚をたどっていけば、ホイールは旋回すると言うよりも、ボールに向けて、あるいはボールを通り越して、または「エイミングポイント」を通って、なぞる(TRACK)動作となるのじゃ(6-E-2-1を参照)

 

通常、デリバリーの「アクション(押し込み)」は「クロスライン」であり、デリバリーの「モーション」は「オンライン」となるのじゃ

これはサークルデリバリーパスを用いた場合でさえ、また最下点においても、デリバリーパスのアングル(方向)は常に右前腕のアングルオブアプローチ(7-3)であるためじゃ(1-L-910)(6-E-27-117-19を関連して勉強のこと)

 

ストレートラインパスはアングルドラインパスよりもよりシンプルな方法となるのじゃ

実際のところ、10-6-Bおよび10-24-Fにあるとおり、エルボープレーンというものは通常「ピボットによってコントロールされた両手」のコンポーネントなのじゃ

よってストレートラインパスの「ライン」の両端に発生するアーク(弧)の大きさによって、どのくらい「ライン」を長く保持することが出来るか、またどのようにリニアスピード(ダウンストローク)をアンギュラースピード(リリース)に変換されるかが決まり、それによって両手の速度を変えることなくクラブヘッドのスピードを増加させることが可能になるのじゃ

これが「エンドレスベルト効果」じゃ(2-K#66-E-27-186-B-3-B)

 

また全ての「ピボットを使用しないストローク(6-L-0)」では両手がサークルパスである事が必須となるが、これはヒッターであれスインガーであれ同様じゃ(7-19)

また「前傾角(Axis Tilt)」(2-H)はラインデリバリーパスを可能にするが、それが必須ということではない

 

このパート異常に参照リンクが多くなってるんだけど、たぶんそれって重要ってことだと思うよ

つまりいろんな前提の上に積み上げられたTGMの「結論」に近い部分と言えるかもしれないと

というのは冒頭に出てきた" Elements of the Swing" って本なんだけど、

f:id:kellogg2005:20180108135916j:plain

これ書いたマイケル・ジェイコブスって人はおそらくTGM系のコーチ(今はそれを名乗ってないけど、少なくともTGM読んでるし、TGMの有名なコーチのブライアン・マンゼッラと一緒に活動してることは確認済み)なんだけど、彼が言うには「結局このデリバリーパスを見ればプロとアマチュアの差が歴然とするのであり、これを解析して機能的なデリバリーパスを作り上げるのが上達の最短ルート」だと言ってるのねー

でこのデリバリーパスは一つとして同じものはなくて、100人ゴルファーがいれば100通りの軌道があって、ものすごくゴルファーの特徴が強調される部分らしいのねー

「良いデリバリーパス=うまい」ってそんな単純化ありかいって思うけど、今回のパート見ればわかるようにいろんな原理と密接に関係があるというか、たぶんそのいろいろが全部整合性取れないと「良いデリバリーパス」にならないんだとすると、その単純化でアリなのかもしれないよー

 


ゴルフランキング

広告

  

ヒンジアクションのバリエーション

明けましておめでとー

今年は目標を三つ立てたよ—

1. TGMを聖書として本の形にする

このブログではおいらの勝手な解釈が入りすぎだから、そういうのを全部排除した完全な「TGM日本語版」をつくろうと思ってるよ—

もうすでに作業はスタートしてるけど、とっても気持ち悪い感じの仕上がりになりそうでワクワクしてるよー

2. このブログをものすごく個人的に進化させる

その上でおいらの「妄想」や「勝手な解釈」をどんどんエスカレートさせて、超私的にスイング解析やはやりのレッスン用語のTGM用語への翻訳とかをやっていきたいと思ってるよ—

3. 科学的なことは科学的に研究する

日本はともかく海外はけっこう科学的なゴルフの研究本があるみたいだから、そういうのを片っ端から読んでいってスイング理論に応用出来るようマジメに研究していくよー

たぶんこっちはPCM誌上で発表していくと思うよ—

 

というわけで今年もよろしくー

 

10-10-0 概要

ヒンジアクションは、それらが加えるモーションのプレーンによって分類されるのじゃ

ホリゾンタルヒンジアクションは、例えば通常のドアの動きと同じじゃ

バーティカルヒンジアクションは、例えるなら振り子の動作と同じじゃ

アングルドヒンジアクションは、さしずめカヌーのパドルと同じような動作じゃ

(2-F2-G4-D-0を参照のこと)

 

10-10-A ホリゾンタル(のみの)ヒンアクション

この「クローズするのみ」の方法は、2-Gに準拠していなければならぬが、さらにクラブヘッドを垂直なプレーンで動かすか、プレーンライン方向にやや傾いた円錐形に沿って動かす場合のみに使用が可能じゃ

フラットレフトリストは常に地面に対して垂直であり、ホリゾンタルプレーン(つまり地面)に対して平行な動作を加え続けるのじゃ

f:id:kellogg2005:20180103120633p:plain

すごく低い球を打ちたいときのアプローチとか、たぶん特殊な状況でしか使わないと思うよ—

 

10-10-B バーティカル(のみの)ヒンジアクション

この「レイバックのみ」の方法は、通常バーティカルプレーンアングルがパワーを得られない代わりに「ラインだし」のコントロールに適していることから比較的短いショットに限定される傾向があるのじゃが、これは10-10-Eでも同様じゃ

いずれの方法においても左手は最下点(2-N)より前の状態では「てのひらは上向き」なのであり、とりわけインパクトフィックス(7-8)においてじゃが、そして最下点のあとでは「てのひらは下向き」となるのじゃ

また常にバーティカルベーシックプレーンに対して垂直となるのじゃ(2-G)

f:id:kellogg2005:20180103122626p:plain

 

10-10-C アングルドヒンジアクション

この「クロージングおよびレイバック」を同時に行う方法は、フラットレフトリストをインクラインドプレーン(2-D2-G)に対して常に垂直な状態に保つこととなる 

これは右腕を伸ばす際のパドルホイールモーションにおいて特に顕著なものとなるが、これは上級の方法と言えるのであり(1-F)、ヒッティングの動作(10-19-A)を極めてシンプルなものとするのじゃ

またショルダーターンは左手首のアクション(10-18-C)の外見を変化させるのじゃが、感覚に変化はないのじゃ(7-10参照のこと)

また本方法を採用することによるスライスの発生傾向は2-J-1の通り補填をしておくことが必要であり、また「レイバック」のアクションにおいてはボールの位置が弾道の高さの制御の為に極めてシビアになるということを覚えておくことじゃ(4-D-0を関連して勉強のこと)

f:id:kellogg2005:20180103125954p:plain

 

10-10-D デュアルホリゾンタル

この方法においては、アングルドヒンジングの角度をつけて搭載されたヒンジがクラブシャフトをインクラインドプレーン上で操作できるよう調整されておる一方、ホリゾンタルに搭載されたヒンジがクラブフェースのターン(およびクローズ)の動作をインパクトからフォロースルーの間一貫して行えるようにしておるのであり、2-Gおよび6-B-3の通り左手首は地面に対して垂直で有り続けるのじゃ

 

10-10-E デュアルバーティカル

この方法においては、アングルドヒンジングの角度をつけて搭載されたヒンジがクラブシャフトをインクラインドプレーン上で操作できるよう調整されておる一方、バーティカルに搭載されたヒンジがクラブフェースを傾けた(レイバックした)状態をインパクトおよびフォロースルーにかけて保持し続けるのじゃ(上述の10-10-Bも参照のこと)

 

f:id:kellogg2005:20180103131211p:plain

 

でねー、スインガーとヒッターでそれぞれどれが推奨なんだろうと思ってみてみるとー

スインガーはデュアルホリゾンタルで

ヒッターはアングルドなんだねー

でも人間の身体の構造上、完璧にホリゾンタルのみと完璧にバーティカルのみってのはストロークが大きくなるほど不可能になっていくはずだから、いくつかを状況別に意識して練習していくといいんじゃないかと

例えば通常のフルショットではデュアルホリゾンタルがベースになるだろうし、バンカーショットではデュアルバーティカルからバーティカル、パットではバーティカルがやりやすいだろうし、あとはライの状況に応じてホリゾンタル寄りのショットが難しい場合にアングルド具合を増やしてみるとかねー

いずれにせよ再三TGMに書いてあるとおり、まずは前後60センチくらいの振り幅で全てのヒンジアクションを「くっきりはっきり区別できるようになるまで」練習して、フェースコントロールの「鬼」になるべく「手の教育」をすすめるってことだねー

なかなか思うようにフルショットの調子が出ないときとかに、気分転換でそういう練習に戻ってやればきっとそれって貯金になるんじゃないかなー

 


ゴルフランキング

広告

  

年末のごあいさつ

あっという間に今年も大晦日だけどいかがお過ごしでしょうかー

 

さて去年の9月から始めたこのブログは今年も一年かなり限界に近いペースで更新をしてきたわけだけども、それでもやっぱりTGMは奥が深くてまだ完走出来ていないわけでー

でも90%くらいまでは来てるから、おいらの身に何か起きなければー

たとえば日本のゴルフの発展を阻止しようとするCIAの回し者とかに拉致されたりしなければー

たぶん来年の二月くらいにはとりあえず「勝手な解釈」までは完了できるのではないかと思ってるよ—

いまんとこ心身ともに健康だから特に失踪する理由はないから、もし突然このブログの更新が止まったらそれはCIAの仕業に違いないからねー、それ以降についてはこのブログ読んでる誰かが遺志を受け継いで頑張ってネー

 

去年の年末時点と比べるとおかげさまでPVも地味に4倍くらいになってて、全然ブレイク感はないんだけど、一定のゴルフマニアの方にお読みいただいてるんだと実感してますよー

 

で、お知らせが二つです

 

1. ゴルフ業界誌「PCM」に寄稿させていただくことになりました

www.pcm-lab.com

なんか連載って書いてあるけど、二回目以降に何書くべきかは全然考えてないんだけど。。。

「PCM」は「Perfect Craftsman Magazine」の略で、早い話がゴルフのクラフトマンをやってる人向けの専門誌なんだけど、内容はクラフトマンにとっても役立つクラブのいろんなスペック情報とかがメインなんだけど、なんでそんな雑誌でおいらがTGM関係で寄稿することになったかは、詳しくは買って読んでー

www.pcm-lab.com

ひとつだけ思うことは、「ゴルフを科学的側面から見つめたい」という考え方は、計測機器が発展してきた今日逆に有効なものになってくるのであって、その流れからTGMが再評価されるということもあり得るということだよー

PCM発行元のアジトはPCMラボというんだけどねー、様々な計測機器と日本に9台しかないモーションキャプチャーの測定装置の「GEARS」とかそれはマニアックな機械がいっぱい揃っててね—

f:id:kellogg2005:20171231123732j:plain

f:id:kellogg2005:20171231123741j:plain

やはりそういう研究をしようとしてる方々もマニアックで

村田編集長に

f:id:kellogg2005:20171231123911j:plain

コーチ兼クラフトマンの筒康博さん

f:id:kellogg2005:20180101090508j:plain

www.alba.co.jp

こうしたマニアックな方々とお近づきになれたのもこのブログやって来たおかげだよー

 

2. NHKドラマ「風雲児たち」が元旦夜19:20から放映されるよー

このブログとは一見なんの関係もないんだけど、おいらはこのドラマの原作の漫画を小学生の時から読んでいて、何度か出版社変えながらまだ連載続いてておいら全巻もってるんだけど

f:id:kellogg2005:20171231125334j:plain

幕末の話を書くために、なぜか関ヶ原から漫画が始まって、途中にいろんなエピソードやってるもんで最近やっと幕末に差し掛かってきたんだけど、その途中に「解体新書」の出版エピソードというのがあって、今回ドラマ化されるのもその部分なんだよねー

なにしろ辞書もなんにもない時代に、オランダ語の医学書を和訳しようとする人たちの話で

f:id:kellogg2005:20171231125743j:plain

それはまぁものすごい苦労してなんとか翻訳するんだけれども、もしかしておいらがTGMの解読続けてこれたのもこのエピソード読んでるからかもしれないと思うよ—

 

この漫画ももう30年以上連載してるし、ケリー爺もそのくらい研究してやっとTGM作ったわけだし、それに比べればおいらの作業なんてハナクソみたいなもんだからねー

 

なんでいまさらNHKがドラマ化するのかはよくわからないけど、おいらの中ではなんかいろんな事が勝手に良い方にシンクロしてるんだと思ってるよー

 

そんなわけで来年もよろしくー

良いお年を—

 


ゴルフランキング

広告

  

ヒンジアクション

7-10 ボールの挙動

「ヒンジアクション」とはインパクトのインターバルにおける両手の制御および操作を表しておる

手の操作とは、すなわちクラブフェースのモーションをコントロールすることなのじゃ

全てのヒンジアクションは、それぞれが採用されるプレーンに密接に関係するのであり、基本的なプレーンに既に搭載されているヒンジアクションが、他の二つのヒンジアクションと現実的にどの程度異なっているのかという度合いをよく注意しながら2-Gをよく勉強することじゃ

次のステップは、G.O.L.F.における全てのヒンジアクションがインクラインドプレーン上で実行されていることを理解することなのであり、その際それらの「真の」基本的なプレーンに対する「真の」関係性を代替することがあってはならぬ

非常に基本的なドリルとしては、全てのヒンジアクションを、まずはクラブを持たずに左腕だけで、それらの通常のプレーンおよびインクラインドプレーン上を、前後に動かし、必ず左手首はフラットおよびバーティカルな状態を保ったまま、インパクトを通じて要求されるフィーリングおよびリズムを習得することじゃ(2-G)

 

2-D2-G10-10に加え、「基本的なヒンジング」は以下のような見た目上の特徴を持つ

ホリゾンタルヒンジング:フルにロールする

バーティカルヒンジング:まったくロールしない

アングルドヒンジング:ハーフロールする

一方でそれらはフィーリングとしては

ホリゾンタルヒンジング:ロールする

バーティカルヒンジング:逆にロールする

アングルドヒンジング:ロールしない

 

全てのヒンジアクションのタイプは、マイナーベーシックストロークを使用することで、両手首のみ、両腕のみ、ボディのみの動作で完全に同じ結果を作り出すことが可能じゃが、いすれにせよリズムを作り出すことが必須じゃ(2-G)

また「ロール」を確認するためには「ターン」の感覚を使用することじゃ

また特殊な必要性に応じて、インパクトのために選択されたヒンジアクションを、ストローク全体に応用する(すなわちコンポーネント18番になる)こと、あるいはインパクトに先駆けるあらゆるポイントから開始することも可能じゃ

しかしいずれの方法にせよ、特に他の必要性がない限り、双方向に正しいリズムを保持することが出来なければ正確性は望めないのじゃ

2-Gに則り、三つのリズムについて、ストロークにおいて過剰に、あるいは不十分にターン、ロールの動きを実験的に繰り返し、それらが無意識に発生することがないようにすることは最上のドリルといえるのじゃ

慢性的なフェード、あるいはプッシュの傾向はロールが少なすぎる事に原因があるとも考えられるのであり、慢性的なドロー、もしくはプルの傾向はロールが過剰である事に原因があるとも考えられるのじゃ

上記いずれもターンクラブヘッドトラベル(2-G)によって人工的に緩和することが可能じゃが、ステアリングの原因、あるいは結果としてステアリングを招くことがあるので注意が必要じゃ(3-F-7-A6-B-3-0-1を勉強のこと)

一方、遠心力は、クラブシャフトがたわむことでクラブヘッドが下がる方向に傾ける影響を及ぼすので(2-D)、意図するスイングのスピードが早ければ早いほど、アドレスおよびフィックスにおけるクラブヘッドの位置は高くする必要があるのじゃ

遠心力による「スローアウトアクション」はスインガーにとってクラブフェースの方向性に影響を与えることも留意しておくべきじゃ(6-B-3-0を勉強のこと)

 

インパクトフィックスポジションにおいてグリップのの向きを確認しておくことの重要性は7-8にて議論されておる

通常、全てのヒンジアクションにおいて、左手首は最下点において地面に対してバーティカル(垂直)となることが精密なポジショニングとなるのじゃが、「インパクトで地面に対して垂直である」ことは非常に望ましい同様の効果を全てのボール位置で発揮することが可能じゃ

すなわち、想定したハンドモーションを阻害することなく、クラブフェースの調整によって非常に簡単に代替することができるのじゃ(4-D-110-10)

上記二つの方法は完全に代替可能であるが、グリップを無意識に元に戻してしまう事がある場合、ハンドモーションの大きな阻害要因となるので注意する事じゃ

左手の位置および方向性(4-D-1)はプレーンによって決定されるのであり、クラブシャフトそれ自体ではないのじゃ

 

ひとつのヒンジアクションについて、常に必ず同じリストポジションからスタートすることであり、それ以外のヒンジアクションを使う場合に即座に同じように適したリストポジションを使用できるようにすることじゃ

また常にプレーンラインに対してクラブフェースがスクエアであるとした場合、アングルドヒンジングを使用した場合はオープン・オープンのターゲットライン、ホリゾンタルヒンジングの場合はクローズ・クローズのターゲットライン、バーティカルヒンジングの場合はスクエア・スクエアのターゲットラインを使用したのと同じ影響を及ぼすのじゃ

 

左肩、右肘、両手首はいずれもクラブヘッドにヒンジングの効果を発生させることが出来るが、これはクラブヘッドは旋回タイプのヒンジング以上の制御を必要としないためじゃ

一方、フラットレフトリストがもたらすものは、クラブフェースのためのヒンジモーションコントロールなのじゃ

フラットレフトリストはレバーアッセンブリーに搭載されておるものなので、その関係性は一定ではあるが、ベーシックプレーンとの関係性の要求(2-G)により独立した存在であると言えるのじゃ

スケッチ1-Lにあるとおり、ヒンジアクションは角運動から分離する事は出来ないため、正しかろうが曲がっていようが、独立して離れていくことは出来ないのじゃ

うん、特にこの文章は何言ってるのか久々に全然わかんないよ

 

「ヒンジ」が実際に搭載されておるのは左肩じゃが、実際の制御はそれぞれのヒンジの配置の必要性に応じた位置を取る左手首の動作および保持によって行われておる

このことは、フラットかつバーティカルな左手首がヒンジの動作方向をと真っ直ぐに保持されている、すなわち「ちょうつがいの刃」と同じ向きで動くと言うことであり、これは左腕の動きとは独立しているのじゃが、このアライメントによってのみリズム(2-G)が確保されるのじゃ

ヒンジアクションのコントロールは、インパクトからフォロースルーの終わりまでのみの間に必要とされるものじゃが、当然のことながら、ストロークパターンのリストアクションがこれを追随していた場合においてはその限りではない

この状況下では、左手首、すなわち「ちょうつがいの刃」の向きは、通常ストローク全体を通じて調整されることになる

現実的にはヒンジアクションの方法は五つあり(10-10)、いくつかの方法はより難しいと捉えられるかもしれぬが、全ての方法において等しくクラブフェースのモーションをコンスタントなものにするためのリズムの創出が可能なのであり、これによって三次元インパクトにおけるコンプレッションの漏洩を最小限にすることが出来るのじゃ(2-C-0)

 

まぁこのヒンジアクションのパートって本当に難読で、それだからなるべく後回しにしてきたんだけど、それで第二章をクリア出来てればもっとハッキリ理解できるかと思ったけれども、やっぱり難しいねー

f:id:kellogg2005:20170718113825j:plain

Photo by Andrew Redington/Getty Images

上の谷原プロの写真は全英でバンカーの練習してるところなんだけど、プロのバンカーショットはホントに開いたままいっさいロールさせないで抜いてるから、TGM的にはバーティカルヒンジングなんだけど、この辺のグリップでの開き具合とかスタンスとかフォローでの閉じ具合って、日本ではほぼ

「ま、そこは経験的要素が大きい」

みたいになってて、あまり論理的な説明ないんだよね

おいらがもう少し上手ければもっと理解出来るのかもしれないけど、とりあえずなるべく誤訳がないようだけ心がけていつも通り前に進むよ—


ゴルフランキング

広告