ザ・ゴルフィングマシーンを勝手に解釈していくよ

ゴルフ史上最大の奇書と言われる「The Golfing Machine」を勝手に解釈していくブログ。

第十章のサマリー(その1)

松山秀樹選手の三連覇のかかるウェイストマネジメントフェニックスオープンが開幕して、なんかこう毎週のリズムがゴルフシーズンに戻って来た感じになってきたけど、

なんかデシャン坊が良い位置つけてるねー

さて第十章がついに終わって十一章なんだけど、この章は第十章のまとめというか箇条書きみたいな内容であんまり面白くないけど、たぶん学問的にはあった方がいいと思うから面倒くさいけど二回に分けてやっていくよー

 

11-A グラフィックサマリー

このチャートは「良いゴルフ」の為のロードマップであり、継続して位置づけを把握するためのものじゃ

 

              第一章〜第十二章
                ↓

           ゴルフの基本的なストローク
            (第一章〜第六章)

            24の基本コンポーネント
              (第七章)

         144のコンポーネントのバリエーション
              (第十章)
 

             12のセクション
              (第八章)

              3つのゾーン
              (第九章)

   ゾーン#1        ゾーン#2        ゾーン#3

ボディコントロール   クラブコントロール   ボールコントロール
6コンポーネント     13コンポーネント    5コンポーネント
28バリエーション      87バリエーション      29バリエーション
  

             ストロークパターン
            1〜24のコンポーネント
               (第十二章)
                  ↓

         プレイヤーの基本的ストロークパターン

11-0 第十章のサマリー

本章は第十章の情報をサマリーにしたものじゃが、ストロークパターンにおける以下の項目をカバーしておるのであり、番号はそれ以降のまとめで使用されているものと同じ順番じゃ

1. グリップ — 基本           14. ヒップターン
2. グリップ — タイプ          15. ヒップアクション
3. ストローク — 基本          16. ニーアクション
4. ストローク — タイプとバリエーション 17. フットアクション
5. プレーンライン             18. レフトリストアクション
6. プレーンアングル — 基本       19. ラグローディング
7. プレーンアングル — バリエーション  20. トリガータイプ
8. フィックス               21. パワーパッケージ
9. アドレス                   アセンブリーポイント
10. ヒンアクション             22. パワーパッケージ
11. プレッシャーポイント           ローディングアクション
   コンビネーション            23. パワーパッケージ
12. ピボット                   デリバリーパス
13. ショルダーターン            24. パワーパッケージリリース

 

-1- グリップ — 基本 

記号   名称           内容
A   オーバーラップ      下にある右手が上にある左手に被さる
B   ベースボール       オーバーラップのないあらゆるグリップ
C   リバースオーバーラップ  上にある左手が下にある右手に被さる
D   インターロック     両手の近接する指がからまっている
E   クロスハンド      上記の全てのグリップで両手の位置が逆転している

 

-2- グリップ — タイプ

 記号   名称             左手首の位置 右手首の位置 PP#3の位置

A  ウィークシングルアクション  バーティカル バーティカル トップ
B  ストロングシングルアクション バーティカル バーティカル 後方
C  ウィークダブルアクション   バーティカル ロールド   トップ
D  ストローングダブルアクション ターンド   バーティカル  後方
E  ウィークアンダーハンド    バーティカル ターンド   アンダー
F  ストロングアンダーハンド   ターンド   ターンド   アンダー
G  トリプル・クアドラプル    多様     多様     多様

 

-3- ストローク — 基本

記号   名称  内容             コンビネーション

A  パンチ  右腕によるパンチ        B、Cを除く全て
B  ピッチ  右腕によるスラップ       A、Cを除く全て
C  プッシュ 右腕によるプッシュ       A、Bを除く全て
D  プル   右腕は受動的          Fを除く全て
E  パット  ボディが完全に不動       全て
F  ペック  腕を動かさない         Dを除く全て
G  ピック  インパクトで両肘が曲がっている Hを除く全て
H  ポウ   両腕がインパクトで伸びている  Gを除く全て
J  ポーズ  フォロースルーがゼロ       全て
K  バット  右肘によるヒンジ        A/B/E

 

-4- ストローク — タイプとバリエーション(アキュムレーターコンビネーション)

A. シングルバレル
1. 第一アキュムレーター「のみ」   (右肘)
2. 第二アキュムレーター「のみ」   (左手首)
3. 第三アキュムレーター「のみ」   (左手)
4. 第四アキュムレーター「のみ」   (左腕)

B. ダブルバレル
1. 第一アキュムレーターと第二アキュムレーター
2. 第一アキュムレーターと第三アキュムレーター
3. 第一アキュムレーターと第四アキュムレーター
4. 第二アキュムレーターと第三アキュムレーター
5. 第二アキュムレーターと第四アキュムレーター
6. 第三アキュムレーターと第四アキュムレーター

C. トリプルバレル
1. 第一、第二、第三アキュムレーター
2. 第一、第二、第四アキュムレーター
3. 第一、第三、第四アキュムレーター
4. 第二、第三、第四アキュムレーター

D. フォーバレル
1. 第一、第二、第三、第四アキュムレーター

 

-5-プレーンライン

記号   プレーン  スタンス  ラインオブフライト ピボット

A  スクエア  スクエア  オンプレーンライン  フル/ゼロ
B  スクエア  オープン  オンプレーンライン  ディレイド/ゼロ
C  スクエア  クローズド オンプレーンライン  ショート/ゼロ
D  オープン  オープン  プッシュ       フル/ゼロ
E  クローズド クローズド プル         フル/ゼロ

 

-6- ベーシックプレーンアングル

記号   名称          クラブシャフトアングル
A  エルボー(右肘)     エルボー(右肘)
B  ターンドショルダー    トップにおける右肩の位置
C  スクエアードショルダー  スクエアな右肩の位置
D  ターニングショルダー   スクエアな右肩の位置
E  ハンドオンリー      インパクトにおける両手の位置

 

-7- プレーンアングルバリエーション

記号   名称      始動時プレーンアングル  プレーンシフト
                          上    下

A  ゼロ       全て             なし    なし
B  シングルシフト  "A"(右肘)        AからB  B
C  ダブルシフト   "A"(右肘)        AからB  BからA
D  トリプルシフト  "A"(右肘)        AからB  D
E  リバースシフト  "B"(右肩)        B/D     B/DからA
F  ループ      "A"/"B"           A/B     A/BからC
G  リバースループ  "C"(スクエアードショルダー) C    CからA/B
H  ツイスト     "D"(ターニングショルダー)D     DからA

 

-8- フィックス

記号   名称     内容

A  スタンダード  フルフォワードプレス、左手首はF/L/V
B  スペシャル   ボディ全体をオープンにし、フォワードプレスは両手のみ
C  ハーフ&ハーフ  ボディポジションは「アドレス」で左手首F/L/V

 

もうほとんど参考書を丸写ししてるかんじだねー


ゴルフランキング

広告