ザ・ゴルフィングマシーンを勝手に解釈していくよ

ゴルフ史上最大の奇書と言われる「The Golfing Machine」を勝手に翻訳したのちに独自の解釈をしてゆくブログ。そしてゴルフは信仰へ。とりあえず日本語版の紙本製作まで終わったので今は新たに「Search for the Perfect Swing」を勝手に翻訳中。ゴルフ界の青空文庫を作れたらいいなぁ。

2019-02-11から1日間の記事一覧

第一章 プレイヤーがボールを打つとき、実際には何が起きているのか?(その3)

やっと今回で第一章が終わります。 ロフトとスピン 11°もしくは12°のロフトのついた7オンス(198.5g)のドライバーを時速100マイル(160km/h)でスイングした場合、通常は9°から10°の打ち出し角となり、秒速約60回転(3,600rpm)のバックスピンを伴う。上級…