ザ・ゴルフィングマシーンを勝手に解釈していくよ

ゴルフ史上最大の奇書と言われる「The Golfing Machine」を勝手に翻訳したのちに独自の解釈をしてゆくブログ。そしてゴルフは信仰へ。

0-5 ブライソン・デシャンボー

ワンレングスアイアンの本当の意味

月日の経つのは速いもので(ちっとも記事を更新しない間に)11月も月末に差し掛かって参りました。 LPGAツアーはその間に最終戦を迎え、ぶっとび性格のことではない、たぶんパーオン女子の松田鈴英選手は直近二試合を連続最終日最終組で迎えましたがまだ優勝…

ブライソン・デシャンボーまとめ

記事の更新をすっかりサボっている間に、 またデシャン坊が勝ちやがったらしい こちらの記事によると www.pga.com プレーオフ第一戦を制したことで ・Fedex Cupランキング1位に浮上 ・ライダーカップにもキャプテン推薦で選ばれる可能性大 ということになり…

プレーンアングルバリエーションのバリエーション

なんというかお題がバカっぽいけどもねー まずTGMではプレーンアングルは基本一個でもいいと言っていて、その種類(バリエーション)を定義しているのが10-6なんだけどもー でも現実的には一個のプレーンでストロークをするのは結構難しいので、ストロークの…

おめでとうブライソン・デシャンボー

祝 ブライソン・デシャンボー ジョンディアクラシックでPGAツアー初優勝 なんか早速こんな特集記事みっけたけどねー www.golfdigest.com まぁおいらにとってはそれほど目新しい内容ではなかったけどもー 前半はイーブンで後半バーディラッシュで逆転優勝とい…

ストローク(基本)のバリエーション(右肘)

10-3-0 概要 - 右肘の位置について 主要な基本ストロークのバリエーションは、ストロークの最中における右肘のポジションによって分類されるのであり(7-3)、全てのストロークはこの三つのうちのいずれかを必ず使用しなければならぬのじゃ マイナーな基本スト…

デシャンボーのパター変遷

久々のデシャンボーネタだよー ブライソン・デシャンボーは今年プエルトリコオープンで2位タイだったけど、それ以外の試合ではあまりパッとしない成績なんだけど、去年のマスターズでローアマ取ってその翌週にプロ転向したからもうプロになって一年なんだね…

ワンレングスアイアン考察(その2)

デシャンボーくんはここんとこ調子さっぱりでジェネシスオープンもなんか棄権しちゃったらしいけどねー(ちなみにルーク・ドナルド師匠は頑張ってるから期待してるんだけど) なんでワンレングスアイアンかってことを考えるとー、やっぱりスイングをよりシン…

ワンレングスアイアン考察(その1)

1月末にアメリカで行われたPGAショーというゴルフ見本市みたいので、「イーデルゴルフがシングルレングスアイアンを発表したらしい」という噂を聞いたので、例によって「Edel Golf Single Length Iron」とかでググったら紹介記事がみつかったよー golfscienc…

デシャンボーとイーデルとTGM

なんかねー、ブライソン・デシャンボーとイーデルとTGMの関係を洗ってたらねー 洗ってたって言っても「David Edel Ben Doyle」とかでググってただけなんだけどねー まず面白かったのがジム・マクリーンってアメリカの有名なコーチが、ベン・ドイルさんの死去…

ブライソン・デシャンボーの(旧)イーデル・パター

TGMの申し子で今もっとも熱いゴルファーといえば、もちろんこの変態ブライソン・デシャンボーなんだけどー 最近ではこんなパットをして変態ぶりに磨きをかけてるみたいねー youtu.be 動画で使ってるパターもなんか変な形してるけどねー 去年プロになったブラ…

コブラ ワンレングスアイアン

余談だよー 例の変態で有名なブライソン・デシャンボー選手と言えばねー今年からはプーマゴルフ(コブラ)と契約してるけどねーその前イーデルと契約している時からアイアンの長さを3番からウェッジまで全部37.5インチ(7番アイアンの長さ)に統一するとい…